2019.02.23

上山草刈り合宿 ~草刈からはじめる農村コミュニケーション~

上山草刈合宿
~草刈からはじめる農村コミュニケーション~

上山棚田といえば草刈、若い人が農山村へ移住してつきまとうのは草刈、そして地域おこし協力隊にも身につけて欲しい草刈。この草刈の技術を、田舎で生き抜く術として、コミュニケーションツールとしても使い倒す上山集楽のメンバーに草刈を習いながら昔っからその土地にお住まいになる住民との関わり方もいろんな事例を交えながら習い2日間を楽しみませんか?女性や力がない方にもなるべく扱いやすい軽めの草刈機も用意します。久しぶりに身体を動かしたいっていう方も大歓迎です。仕事への繋げ方なども希望者がいればお声かけ下さい。
草刈後にはさっぱりと温泉に入り、夜は瀬戸内海産の牡蠣を囲炉裏で炙りながら食べて飲んでの宴会もしますので遠方の方もぜひご参加ください。


            冬場の草刈前後の一例、これが仕事になります。

●開催日:2019年3月2日(土)/3月3日(日)
●集合解散場所:岡山県美作市上山1735(大芦高原雲海温泉駐車場)
●対象
上山棚田へ来たことがない人、初めて草刈りをする人、田舎暮らしを考えているが草刈とはどんなことかわからない方、草刈りを上達したい人、いろいろな草刈機に触ってみたい方、とにかく草刈したい方、地域おこし協力隊、田舎で働き隊など
●定員:10名
●内容
草刈り機はエンジン式・充電式・ハンマーナイフ等さまざまな草刈機を用意します。棚田暮らしの導入である草刈をわかりやすく解説しつつ実践へのステップへと進むことが出来る体系的なワークショップとします。どんな草刈機から始めたらわからない方も、いろいろ体験してみてください。いろいろと話しながら交流もしていきましょう。わからないことがあれば経験してきたことは何でもお話できます。質問があればいつでもお聞きください。

●スケジュール
3月2日(土)
13:00~ 大芦高原温泉「雲海」集合
13:30~ 草刈り講座 水柿大地より@雲海オフィス
14:30~ 草刈り実践 随時質問受付
16:30~ 解散
17:00~ 宴会&宿泊希望者は温泉へ
(日帰りで温泉入りたい人は自由に入浴できます。)
18:30~ 参加者みんなで準備し囲炉裏で牡蠣宴会
各自予約する場所で宿泊

            今シーズン最後の日生産牡蠣、身が大きいです。囲炉裏で炙りながら食べましょう。

             囲炉裏端の様子
――――――――――――――――――――――――――――
3月3日(日)
7:00~  雲海見学、朝食
9:00~  草刈り→2日目のみ参加の方はここから参加できます。
10:00~   休憩&草刈りアドバイス
10:20~  草刈り
11:30   作業終了
12:00     解散予定

    運がよいと雲海が見ることが出来ます。
―――――――――――――――――――――――――――――
※予定は進行しながら多少変更することもあります。ご了承ください。

●参加料金
・草刈り講座のみ(日帰り参加)    1,000円(保険代+ワンドリンク付)
・草刈講座2日間 1500円(保険代+ワンドリンク付)
・草刈り講座2日間+牡蠣宴会(日帰り参加) 6,500円(宴会代+保険代+ワンドリンク付)
・温泉は600円/人
・2日目朝食500円/人
※お問い合わせ時に確認いたします。

●宿泊に関して
希望者がいれば周囲の宿泊施設をご紹介します。申込者で各施設へのご予約お支払いとなります。
相場は5000円/人前後~各種民泊や市営施設、キャンプ場などもあります。
申し込み時にお書きください。

●申し込み方法
・申し込み期日 2019年2月28日
・申し込み先 umetani1031gmail.com (★を@に変えてお送りください)
>記入項目
・名前、男女
・生年月日(保険に加入します)
・興味のあること
・泊まりの有無
・上山までどうやって来るか
・ほか質問

以下、現場案内者紹介など御覧下さい。

水柿大地 氏(みんなの孫プロジェクト・代表取締役孫)
 2010 年に大学を休学して岡山県美作市に移住。2010 年 ~ 2012 年美作市地域おこし協力隊として上山地区の棚田 再生を軸に活動を展開。協力隊任期終了後も上山地区で暮 らし、農林業に従事。2013年春からは「みんなの孫プロジェ クト」を始動させ、その他にも複数のナリワイをつくり暮 らす。(※みんなの孫プロジェクトとは→高齢者の方々の 生活の中での困りごと(草刈り等)をお手伝いし、作業合 間には一緒にお茶をしたりご飯を食べたりしながら孫のよ うに話し相手となるプロジェクト)30 年埋もれていた「古 民家・いちょう庵」を地元民 × ヨソモノの力で再生し、 コミュニティースペース兼カフェとして運営。上山区が 管理する「大芦高原キャンプ場」の運営も移住者の若手、 複数世帯で任され運営を行っている。
著書:岩波ジュニア新書    「21歳男子、過疎の山村に住むことにしました」
水柿大地紹介記事はこちらへ、こちら

>梅谷真慈(Tsunag,)
奈良県出身。1986年生まれ。2011年、岡山大学大学院環境学研究科修了後、SNSをきっかけに関わりを持った美作市・上山地区に地域おこし協力隊として移住。2万本以上の竹を伐りはらい燃やし、2haの耕作放棄地再生を継続中。協力隊終了後、地域事業や鹿革活用、企業対応などを行う。40年近く空いていた一軒家を改修して、宿にし宿泊客の受入も行う。もうひとつ一棟貸しの古民家も運営するのでお気軽に泊まりにお越しください。
梅谷真慈紹介記事はこちら
古民家リノベーション一棟貸しの宿「いごこち」こちら

こちらは草刈仕事の一例、①草を刈る前、②草刈後、③刈った後の片付け

いろいろな場所を草刈すると必ず楽しそうに集合写真をとります。これ継続するコツかもしれません。

以上、ご覧いただき有難うございます。
お気軽にお問い合わせください。
ご参加お待ちしています。

主催:NPO法人英田上山棚田団、みんなの孫プロジェクト
尚、上山集楽への個別の視察対応などはこちらから受け付けています。

 

ツーリズム 一覧に戻る

© UEYAMA shuraku,

トップへ戻る
メニューを開く

上山集楽

上山集楽