キャンプ

晴れの国の夜は漆黒の闇。
星空キャンプのご案内。

上山でのキャンプでは、天体望遠鏡が大活躍する。なぜか?

上山地区の南西の端には標高519mの妙見山。その頂上から散歩コースを少し下りたところに『大芦高原キャンプ場』が広がる。標高500mの高原にあるので夏も涼しく、近県のキャンプ場の中でも特に人気が高い。
テントサイトは87基、そのうちオートキャンプが可能なサイトは43基。100Vの電源が引かれたサイトもあり、炊事棟は2棟。つまり食材さえ用意すればアウトドア初心者でも安心な設備が整っている。

真の暗闇、満天の星、明るい月。
本当の夜を体験できるキャンプ。

ここを訪れる人が最初に驚くことは、深い山と自然、そして夜が深まればやって来る漆黒の闇。我々現代人が、夜、いかに明るい場所で暮らしているかを痛感させられる。月が出ていれば、その明るさにも驚くはず。
そして頭上には、都会では決して見ることのできない星空が広がる。ご存じの通り、岡山県は晴れの国。晴天率の高さでも知られており、妙見山の山頂近くに個人で天文台を建てた人がいるほどだ。上山に来たら、ぜひとも天体観測や天体写真に挑戦していただきたい。

オートキャンプも可能なテントサイト。炊事棟は2棟あり、初心者にも安心なキャンプ場としても知られる。

オートキャンプも可能なテントサイト。炊事棟は2棟あり、初心者にも安心なキャンプ場としても知られる。

星空が見えない曇りの夜も、がっかりしてはいけない。何と言っても、キャンプ場から歩いて10分ほどの場所に、温泉施設『大芦温泉雲海』があるというのはうれしいポイント。ただし夜間は暗闇ウォーキングになってしまうので、自信のない方の移動にはクルマをお勧め。

キャンプ場のテーマはDIY。
何かを覚えて帰る、そんなイベントも企画。

上山の食と言えば、ジビエ料理と野草。
鹿肉のブロックやソーセージは、事前予約により買うことができる。おなじみのキャンプ料理に、ぜひ一品加えてみてはどうだろう? 鹿肉は脂肪分が少なくさっぱりしていて、塩で焼くだけで充分おいしくいただけるけれど、上山産のニンニクと醤油で、などというメニューもお勧め。

野草のサラダはどうだろう? 左上から時計回りに、 タンポポ アザミ スイバ しいたけ セリ ヤブニンジン。ただし、野草には食べられないものもあるので注意。上山では月に一回、野草を学ぶツアーがあるので、いちど受講してから挑戦してみることをお勧めします。

野草のサラダはどうだろう? 左上から時計回りに、 タンポポ アザミ スイバ しいたけ セリ ヤブニンジン。ただし、野草には食べられないものもあるので注意。上山では月に一回、野草を学ぶツアーがあるので、いちど受講してから挑戦してみることをお勧めします。

いつものキャンプ料理にジビエを一品。これは鹿肉のソーセージ。キャンプ場に事前予約で購入可能。

いつものキャンプ料理にジビエを一品。これは鹿肉のソーセージ。キャンプ場に事前予約で購入可能。

そしてジビエの定番は鹿肉のロースト。ブロックの肉も事前予約で購入可能。

そしてジビエの定番は鹿肉のロースト。ブロックの肉も事前予約で購入可能。

さらに木材の豊富な上山に来たからには、木工教室も体験しておきたい。危ないからと言って、子どもたちがナイフを使う機会が減っているけれど(あるいはお父さんも?)、これも人が生きて行く上で忘れてはならない技術。安全な使い方を学んで、ナイフを使って木を削る感触を覚えたい。

木工のワークショップも開催予定。日時は事前に、このウェブサイトで告知される。

木工のワークショップも開催予定。日時は事前に、このウェブサイトで告知される。

高原のキャンプサイトでゆっくり過ごす休日もいいけれど、せっかく上山に来たのであれば、ぜひとも日本最大級の棚田を見に行こう。上山名物、超小型電気自動車『コムス』が30分500円でレンタルできる。
自転車で回る手もあり。棚田の間を縫うように走る農道をつなぐと、一周約6㎞ほどの周回コースのできあがり。かなりアップダウンが多いので、ロードバイクのトレーニングで訪れる人も増えてきた。ただし、上山神社から大芦高原への登りは、上級者でもキツいと思うので念のため。

棚田観光は外周の道路から。
許可なく立ち入らないように注意しましょう。

棚田は上山のお米を作る大切な場所、みだりに立ち入らず、外周路の上から眺めるようにしましょう。地元の人を見かけたら、笑顔で挨拶も忘れずに。棚田を見に来たことを伝えれば、思わぬ昔話が聞けるかもしれません。


大芦高原キャンプ場管理事務所
住所:〒701-2614 岡山県美作市上山2350-1
電話:080-1646-1647

大芦高原温泉 雲海
住所:〒701-2614 岡山県美作市上山1735
電話:0868-74-2585

上山の魅力 一覧に戻る

© UEYAMA shuraku,

トップへ戻る
メニューを開く

上山集楽

上山集楽