2016.07.29

参加者募集!「VISIT UEYAMA コムスに乗って棚田をめぐる旅」-摘み草の旅- 8/20(土) ・21(日)

ツアーテストツアー摘み草観光

2016.07.26_テストツアー

岡山県美作市にある上山集落は、美しい棚田の風景が広がる自然が豊かで、風光明媚なところです。
しかし、少し前まで棚田は耕作放棄地となっていました。
この棚田を再生させ、美しい田園風景と実りを生かしながら、農業だけでなく、観光ツアーやヘルシーな食の提供をいま上山集楽は計画しています。
そうした活動に対して、一般財団法人 トヨタモビリティ基金のサポートもいただき、「上山集楽みんなのモビリティプロジェクト」が始動し小さな電気自動車コムスが棚田めぐりの楽しい脚になってくれます。
この観光のメニューをこれからつくっていくために、テストツアーを行います。

今回のテーマは、
「VISIT UEYAMA コムスに乗って棚田をめぐる旅」 ー摘み草の旅ー」

1泊2日で、棚田での摘み草を体験し、美と健康を考えた摘み草料理も体験していただきます。
本来ですと、東京から旅する場合、飛行機代や新幹線代がかかりますが、今回はモニターツアーということで、15,000円の参加費での募集となります。
ウェブマガジン「コロカル」のチームも同行し、みなさんのご意見をいただきながら、上山の新しい観光メニューを開発するための楽しい旅にしたいと思っていますので、ぜひ、ご参加ください!

【申込みはこちらのサイトから】
「VISIT UEYAMA コムスに乗って棚田をめぐる旅」 ー摘み草の旅ー – パスマーケット  8/20(土) 11:00~

http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01ervgybkje8.html

募集要項
ツアー名 「VISIT UEYAMA コムスに乗って棚田をめぐる旅」 ー摘み草の旅ー
日程 2016年8月20日(土)~21日(日)
参加費 15,000円(交通費込み)
参加人数 9人(希望者多数の場合は、抽選となります)
参加資格 要普通免許(超小型EVコムスの運転は、スタッフが丁寧に運転方法についてご案内しますので、ペーパードライバーの方もご安心ください)
持参物 参加者の方へ別途お送りいたします。
募集時期 7月26日(火)~8月2日(火)まで
抽選発表 参加希望者多数の場合は、抽選となります。募集終了後順次連絡させていただきます。
集合解散時間 8月20日(土)11:00 岡山空港集合
8月21日(日)17:30 岡山空港解散
東京からご参加の方はこちらで航空券を手配いたします。
(スケジュールにより多少前後する可能性があります)
キャンセル料 8月12日抽選発表後はキャンセル料50%、前日~当日キャンセルは100%
※雨天決行予定、中止のご連絡は前日17:00までに電話で連絡させていただきます。
主催 SAMURAI TRAVEL(取り扱い主任者 佐々木純子 岡山県知事登録旅行業 第2種372号)
共催 マガジンハウス コロカル、NPO法人 英田上山棚田団
特別協力 一般財団法人 トヨタモビリティ基金、NPO法人 みんなの集落研究所
問合せ先 担当 梅谷 090-3722-5923 / umetani1031@gmail.com

【内容】
1日目 :
昼食、上山ツアーガイダンス、棚田deコムス観光ツアー(名物おじぃとの交流も有)、野草料理の夕食
2日目 :
摘み草ツアー、野草アロマウォーターづくり体験(状況によって変更有)、昼食、アンケート記入

ツアーガイダンス
・上山地区の紹介
・行程とモビリティ使用について

座学
・里山農村と植物・植生、生物多様性とは
・身近な薬草と利用法について

食事
・シーズンに取れる野草の入った料理になります。
・ほか、食材に関しても地域内で収穫されたものをなるべく使用します。

摘み草ツアー
・主に自然観察と採集
・かごを持ち、食べられるもの、お茶にできるものなどを採集

<8月下旬に採取可能な野草など>
ヤブニッケイの葉、ハーブ、ローリエ替わりお茶(クロモジ、クワ、オオバコ、ノブドウ、ハギなど)
クズ花酒、アロマウォーター(クロモジ、ホオノキ、サンショウ、シソなど)、etc

関係者の紹介
・ツアー案内人 : 梅谷真慈(NPO法人 英田上山棚田団 理事)
http://colocal.jp/topics/food-japan/beerspot/20160425_70961.html/2
・ツアー案内人 : 松原徹郎(NPO法人 英田上山棚田団 理事)
http://motokurashi.com/chiikiokoshikyouryokutai-okayama-mimasaka-tetsuromatsuba/20160117
・料理人 : 安原昌友子
http://www.yasukparty.com/lecturer/

※注意事項
・空港や駅の集合は時間厳守です。指定の時刻を過ぎますと、送迎のバスは出発します。お乗り間違いのないよう、ご出発地点からの乗り換えなどを事前に十分にご確認ください。
・航空券などはこちらで手配いたします。空港、駅からの送迎についてもこちらで手配しています。
・保険はこちらで加入いたします。
・雨天決行です。ただし天候などによりプログラムの内容、スケジュールが変更になる可能性があります。
・参加申込いただいたのち抽選結果を通達させていただいた連絡をもって参加申し込み完了となります。
・抽選結果通達後のキャンセルは、ご遠慮いただきますようご協力をよろしくお願い致します。
(キャンセル料について : 8月12(金)~8月18日(木)…参加費の 50%、8月19(金)・20日(土)(前日、当日)…100% をいただきます。)
・参加者の方々のツアー参加の様子はニュース、プロモーションムービーに使用される予定ですのでご了承くださいませ。
・飛行機・新幹線・電車代は当方で負担いたしますが主要交通機関までのバスタクシーなどの交通手段については参加者の方のご負担になります。

03

04

【上山予備知識 「NPO法人 英田上山棚田団」って?】
岡山県美作市上山地区にある8300枚の棚田の再生を行っています。
何十年と耕作放棄地された棚田の再生。
稲作に欠かせない水源である大芦池からの稲作用排水路の保守整備維持。
稲作作業は、種籾の育成・田植え・稲刈り・脱穀・精米まで行います。

しかし、活動は農作業だけにとどまらず
・超小型モビリティの過疎地利活用
・ヘルスツーリズムの実現:滞在型の療養。
・地域エネルギーのオフグリッド化
・教育機関との連携
・国内外他地域へのコンサルティング、提携、交易
などに取り組んでおります。

現地に住み暮らしながら活動している棚田団は、日々棚田で作業をし、 全国各地の参加者と現地スタッフ、現地農家で月2回の定例作業を設けて棚田の再生活動を行っています。

英田上山棚田団 – 棚田団活動の紹介
「これは限界集落の一つの未来かもしれない。8300枚の棚田を復活させ、最新型モビリティで走る、岡山県「上山集楽」で始まった自立型集落への道 | greenz.jp」

ダイアリー 一覧に戻る

© UEYAMA shuraku,

トップへ戻る
メニューを開く

上山集楽

上山集楽