2019.02.11

下町ロケットではないが上山草刈機開発

 

 

上山集楽のカッチです!

スマート農業という時代に突入しようとしているのは下町ロケットで自動運転トラクターや雨の中台風が来るので自動運転コンバインで夜に刈り取りしてるのを見て「そんな事農家はせーへんわ!!」とツッコミを入れてはるのを思い浮かべながら見ていたのを思い出します笑
それはさておき記事の中でも紹介されている産総研さんとの草刈りロボットは今まさに上山集楽を現場に開発を進めているのが現状です!
上山集楽はそれに新たなチャネルとしてこういったロボット開発を進めていく上でTAIYO SANGYO TRADING & MARINE SERVICE LTD.さんと連携し農林業機械・ロボット開発の為のLABOを開設すると同時にバングラディシュから研究員を受け入れてのアジア連携を視野に入れた岡山県のサテライトオフィス事業( https://adv-okayama.jp )も同時並行しながらこれからの農業の新たなる一手の仕掛けを進めています!
地域は企業と連携し今までとは違った視点での経営手法を進めていく必要があります。
と同時に千年かけて培われてきた文化や歴史を継承しつつ販路を世界に広げていく攻めのビジネス感覚を求められる時代に入っているという事だと思います
日本はそのリーダーシップを発揮できる知恵と知見を持っている凄い國です!
雪が降り積もる季節ですが今日も張り切っていきましょう🎶

追伸)美作市地域起こし協力隊が今年も3名4月から上山集楽國に入国されます!
楽しみです〜

https://www.sankei.com/econo…/…/190209/ecn1902090032-n1.html

ダイアリー 一覧に戻る

© UEYAMA shuraku,

トップへ戻る
メニューを開く

上山集楽

上山集楽