2017.05.01

2017年 米作り、籾まき育苗スタート!

ueyama上山棚田稲作籾まき育苗英田上山棚田団農業

今年は川水が側を流れる新しい場所で育苗します。今回は水を張らずに川水をポンプで汲み上げて水やりするので労力はかなり軽減される予定。

まずは田んぼの中と周りを綺麗に草刈りして苗場作り。
苗床01

苗床02

続いて、先日塩水選で選抜された種籾の籾まき。
苗床05

苗床03
1) はじめに苗箱に床土を入れ、かき取り板で平らに均します。

苗床04土が凸凹していたら種籾が均一に蒔けないので端のほうまで丁寧に。

苗床06
2) 手動の種まき機で床土の上に種籾をまきます。

苗床073) 続いて、種籾の上に覆土を薄くまきます。

苗床084) 覆土をまいた苗箱を2列×20箱ズラーッと並べて

苗床095) 土にしっかり水をまき、乾かないように上に新聞紙をかぶせ、さらに上からたっぷり水やり。

苗床106) 風などで土が乾燥しないように育苗用の保温シートを上からドーム状にかぶせます。

昔から「苗半作(なえはんさく)」と言われていて、苗の良し悪しで米の出来の良し悪しが決めるそうです。今年の苗の出来はいかに!!

苗床11ここから3週間後の田植えに向け、水やりや温度管理をし大切に育苗していきます!

ダイアリー 一覧に戻る

© UEYAMA shuraku,

トップへ戻る
メニューを開く

上山集楽

上山集楽