モビリティ

上山から日本の田舎を変える!
モビリティプロジェクトとは?

この小さな電気自動車が、「未来の田舎」の扉を開こうとしている。

この小さな電気自動車が、「未来の田舎」の扉を開こうとしている。

上山にいると、たびたび小さな電気自動車を見かける。それは軽自動車よりも小さくて、狭い農道が広く見えるほど。なぜこんな山の中に、こんな未来のクルマが走っているのだろう? 
実は上山では、棚田の再生を行うかたわら、交通の不便な中山間地域における「移動」の問題解決にも取り組んでいる。
たとえ棚田が再生されても、田んぼを支えるお年寄りたちの高齢化は進む。となれば近い将来、農作業は難しくなる。街まで買い物に出ることはもちろん、隣の家まで出かけることさえ不自由になるかもしれない。それを理由に上山を離れ、移動のラクな都会に移るようなことがあって欲しくはない。少なくとも「自分の意思で」、生まれ育った上山に残るのか、離れるのか、決められる環境を整えないとならない。そんな思いから、2015年、上山ではあるプロジェクトがスタートした。

全幅はほんの1mと少し。狭い農道が広く見える。

全幅はほんの1mと少し。狭い農道が広く見える。

「交通が不便な地域だからこそ、「移動」の問題を研究できるんです」。
と語るのは、『上山集楽みんなのモビリティプロジェクト』を推し進める西口和雄さん。これは『英田上山棚田団』と、岡山県の中山間地域の集落を支援するNPO法人『みんなの集落研究所』が協働で取り組むプロジェクトで、一般財団法人『トヨタ・モビリティ基金』によるサポートを受けている。この場合の”モビリティ”とは移動の意味、さらには理想的な移動を可能にする小さな電気自動車そのものを指すこともある。

小さな集落だからこそ自由に選べる、もっと快適で、環境にも優しい未来。

「子どもの頃、自転車に乗るようになって行動半径がグッと広がったでしょう? モビリティとは、まさにあの感覚なんです。お年寄りだけではなく、中山間地域に住む誰もが移動の不自由から解放される感覚。こんな研究は、移動に困らない都会にいてもできませんからね」

プロジェクトの推進役、西口和雄さん。地域の人々とタッグを組みながら、誰もが不可能と言ったプロジェクトを次々と実現させてきた一人。

プロジェクトの推進役、西口和雄さん。地域の人々とタッグを組みながら、誰もが不可能と言ったプロジェクトを次々と実現させてきた一人。

現在は、このようなモビリティを日常でどのように使うと良いか、あるいは改良点はどこか、住民への個別の聞き取り調査を行っている。もちろん農林業に特化した使い方の研究も進めている。さらに住民の足として活用するだけではなく、観光客の足として、モビリティを活用した棚田ツアーも始まっている。

この小さな電気自動車が上山を変え、上山が電気自動車の歴史を変える。

「もともと田舎には、都会で生まれた便利な道具を、地域の実情に合わせて作り直す気風があります。すべて自己責任のもとで、お年寄りがトラクターに手を加えたり、軽自動車をカスタマイズするなんて当たり前。その中に電気自動車が加われば、中山間地域ならではの実用的なアイデアが生まれることなど目に見えていますよ」
地域内でのカーシェアリング、二人乗りのクルマを作ってお年寄りの送り迎え、その程度のアイデアであれば今すぐにでも実現できそう。だったらこのクルマで自動運転が可能になればどうなるか、地域で発電できるようになれば……などなどの会話が、今も棚田の集落で繰り返されている。

超小型EV『コムス』。気温が20℃の場合、家庭用電源から6時間でフル充電完了。フル充電からの走行距離は50kmほど。坂道発進角度は19%勾配。登りではやや燃費は落ちるものの、集落の中で使うには何ら支障はないとのこと。

超小型EV『コムス』。気温が20℃の場合、家庭用電源から6時間でフル充電完了。フル充電からの走行距離は50kmほど。坂道発進角度は19%勾配。登りではやや燃費は落ちるものの、集落の中で使うには何ら支障はないとのこと。

「そして何より、電気自動車であることが大切なんです。もしも上山の各家庭で電気を作れるようになれば、わかりますよね(笑)。エネルギーを自給する田舎の小さな集落では、お年寄りが自動運転の電気自動車で自由に移動している。そんな夢のような話が実現すれば楽しいじゃないですか」
上山西地区の総戸数は70、人口は170人ほど(2016年現在)。過疎の地域だからこそ実現できそう。やがて上山に続いて、日本中の田舎が変わるかもしれない。あの小さい電気自動車は、そんなに大きな夢を乗せて走っているのだ。

上山の魅力 一覧に戻る

© UEYAMA shuraku,

トップへ戻る
メニューを開く

上山集楽

上山集楽