岡山市内から北東へ50km。
新しい里山モデルを生み出す棚田の集落。

谷間の集落を覆い尽くす壮大な棚田群。その数は何と8300枚。
この日本最大級の棚田は、実に千年以上も昔に築かれたと言われています。
以来、岡山県美作市上山地区は、美作国の米どころと呼ばれ、稲作ばかりではなく、棚田の集落ならではのコミュニティや文化を育んできました。
しかし、近年は過疎化と高齢化が進み、千年の歴史を誇る棚田群は続々と耕作放棄地へと姿を変えます。そして残されたものは、雑草や灌木や竹藪の谷。

そこに棚田の再生を志す人たちが現れたのが2007年のこと。
最初は「どうせ再生なんて無理だろう」とあきらめていた地元の人々からは、目の前に蘇る懐かしい風景に歓喜の声が上がりました。
再生活動が始まって間もなく10年。私たちは、この上山を『上山集楽』と名付けました。移住者と地元の人々が一緒になって、農業はもちろん、棚田の資源を最大限に活用した新たな産業や観光、交通やエネルギーなどなどの課題に取り組み、これまでよりもさらに豊かな、未来の田舎を目指しています。

上山の昔、今、未来。

『上山集楽』 について、もう少し詳しく。

百年後、そして千年後の未来のために、千年棚田の歴史や暮らしを振り返る。

ローカルに徹することでグローバルへ!
上山の日々を発信するウェブサイトです。

上山集楽

『UEYAMA shuraku』は、一般社団法人『上山集楽』が取り組む棚田再生のようすや、棚田の集落での生活を伝えるウェブサイトです。併せて、研究の進む中山間地域での新たな移動手段(モビリティ)や、集落を支える新たな産業への取り組み、観光ガイド、などもお伝えします。
田舎の姿は世界共通。だからこそ「よりよい田舎を作りながら、世界と共有できる価値を作ろう」という上山集楽。そこでの日々を記録、発信して行きます。

【関連団体とスタッフ】

サイト運営:
一般社団法人 上山集楽
関連団体:
NPO法人 英田上山棚田団
NPO法人 みんなの集落研究所
一般財団法人 トヨタ・モビリティ基金
スタッフ:
写真/内田伸一郎、高田昭雄、西岡正三、上山集楽
取材・文/西岡正三、甲斐かおり
デザイン/株式会社 ココノヱ
ロゴマークデザイン/田中雄一郎
監修/コロカル(株式会社マガジンハウス)
地図

上山への行き方

地図

上山集楽

車でお越しの方

< 岡山市内から >
県道27号線を北へそのまま県道253号線へ。
美作岡山道路 熊山ICへ入ります。
佐伯ICを降りて右折。県道53号線を北(津山・美作方面)へ。
吉井川を越えたところで県道374号線を北(津山・美作方面)へ。
県道90号線を右折。
「大芦温泉雲海」の案内に従って右折。
< 山陽自動車道・和気ICから >
山陽自動車道 和気ICを降りて国道374号線を北(津山・美作方面)へ進みます。
県道90号線を右折。
「大芦温泉雲海」の案内に従って右折。
< 岡山空港から >
県道61号線/72号線を南へ。
案内に従い 山陽自動車道・岡山IC入口から神戸・大阪方面へ。
和気IC下車(以下上記ルートと同じです)。
※岡山空港周辺でレンタカーを借りることも可能です。
< 中国自動車道から >
中国自動車道 勝央JCTから美作岡山道路へ入ります。
湯郷温泉ICを降りて、国道374号線を南下(岡山・備前方面)します。
福本交差点を県道414号線へ左折(交差点の表記が無いのでご注意下さい)。
県道90号線との交差点を右へ(佐伯方面)。
坂を上っていくと「大芦温泉雲海」の案内板を左折。
GoogleMapで詳しいルートを確認

公共交通機関でお越しの方

< 岡山方面:JR 岡山駅から >
宇野バス「林野駅・湯郷温泉・仁堀方面」
「福本」で下車、美作市営バス/英田バス「福本~中組-上山線」に乗り換え
「坊」下車で上山神社前に到着します
< 美作方面:JR 姫新線・林野駅から >
美作市営バス/英田バス「滝宮」行きに乗車
「福本」で下車、美作市営バス/英田バス「福本~中組-上山線」に乗り換え
「坊」下車で上山神社前に到着します。
< 岡山空港から >
岡山空港からはJR岡山駅までのリムジンバスが運行しています。
一旦JR岡山駅へ移動し、その後バス等ご利用下さい。

※上山方面への市営バスは毎週水曜・土曜日数便と限られています。

はじめての方、取材・体験でお越しの際は上山オフィスへ

取材・見学、モビリティやワークショップなどの体験でお越しの際は、まずは上山集楽オフィスへお越しください。
「大芦温泉雲海」のとなりに上山集楽オフィスと駐車場があります。

※周辺まで来て迷ってしまった時は、こちらまでお問い合わせください。

© UEYAMA shuraku,

トップへ戻る
メニューを開く

上山集楽

上山集楽